変わらないものなんてないんだね

はてなブログに変えました。一生新規の内乱出のaccess担によるブログ

「俺たちと一緒に遊ぼうぜ!」ってコンサートは遊びなの?!

「俺たちと一緒に遊ぼうぜ!」というコンサート中の煽りについてのなんちゃって考察





キスマイが好きになったばかりの時のことです。生のコンサート行く前にジャニーズのコンサートDVD見ていて気になることがありました。それは「今日は一緒に遊ぼーぜー!」という煽りです。
「なんだよ!遊ぶって!コンサートは遊ぶ場所なのか?!」と憤ったんですね。そんな中、初めてきすまいのコンサートに行きました*1。彼らも「遊ぼーぜー!」って言っていて「おまえらもコンサートは遊びなのかwww」と思ったのを覚えています。

そんな風になんで「遊ぼうぜ!」って言うのか分からなかったのですが、コンサート行って分かりました。
団扇振って必死にファンサ*2もらおうとしたり、パフォーマンスにいちいちわーきゃー言ったり、トンチキ*3を受け入れたりするのは端から見たら狂気の沙汰だと思うのですね。それはステージ上にたってる彼らも、それを見ている私たちも。一瞬でも冷静になれば、「おかしいぞ、これ」と気づくはずです。ですがそれを違和感なくやれるのはみんなで「遊んでいる」からなのではないかと思うのです。
それは「ジャニーズの世界でコンサートを楽しむごっこ」だと思うんですね。みんなおかしい世界だとは分かっていますが、そういう風に現実を見たら面白くない。だからその狂気の沙汰を「遊び」としてしまう。ステージ上のタレントも、客席で見ているファンも、お互い「遊んでいるんだ」「ジャニーズの世界でコンサートを楽しむごっこなんだ」ということを前提にしたら、安心して楽しむことができる。
でも遊びですが、ステージ上のタレントにとってはなかなか難しい遊びなんじゃないかと思うんですね。恥ずかしがったり、冷静になったり、冷めたり、隙を見せたら、「ジャニーズの世界でコンサートを楽しむごっこなんだ」はできなくなってしまうのです。あぁ、これは狂気の沙汰だったんだな、と観客が気づいてしまうからです。だから、彼らがやっていることは「遊びだけど遊びじゃねーんだよ!」って感じだと思うのです。

それを理解してから「俺たちと一緒に遊ぼうぜ!」と聞いても、憤らなくなりました*4ステージ上の彼らが真剣に「遊んで」くれているので、その煽りに答えて、私も全力で「ジャニーズの世界でコンサートを楽しむごっこ」をして、コンサートを見ていきたいです。

*1:それはKis-My-Ftに逢えるde Show vol.3の代々木公演でした

*2:ファンサービスの略です。手を振ってもらったり、「ハート作って」とかうちわに書いた内容に答えてもらったりすること

*3:ジャニーズのコンサートは酷いトンチキ

*4:でも未だに「俺たちと一緒に遊ぼうぜ!」という煽りは個人的にあまり好きではありませんがwできるなら定型句使わないで煽ってほしいという思い……w