変わらないものなんてないんだね

はてなブログに変えました。一生新規の内乱出のaccess担によるブログ

ジャニヲタにはバイロケーションがいる可能性が大きいんじゃないかな!〜程度の低いバイロケネタバレ感想

バイロケーションを友人に誘われてみてきました。怖かった!!!!!!!(笑)私は怖い映画を見に行ったことがなかったので知らなかったのですが、怖い映画が苦手だったようです。怖くてたまらなくて、この怖さを解消するにはくだらないことを考えるしかない!と思ったのですね。ということでそんなくだらない感想を書きます。ネタバレしているんで注意です。

ジャニヲタにはバイロケーションがいる可能性が大きいんじゃないかと思った件

私の今回の映画バイロケーションに対する知識と言えば、「自分がもう一人いる」ということと、前日に友人がつぶやいていた「自分がバイロケかもしれないwいやでもそれは間違いかw」という感想でした。
そしてバイロケーションをみました。友人が言っていた意味が分かりました。
バイロケーションは相反する感情で精神的に引き裂かれた時に発生するんですね。
水川あさみ演じる忍は画家になりたかった。でも画家としてうまく行かなかった。そんな自分がいやで、また女として幸せな人生も歩みたいと思ってしまった。そして分離する。画家としてやっていく本体と、女として幸せな人生を歩むバイロケーショとで。
バイロケーションの主題ってここではないんですけど!ちょっとヲタクとしては思うところはありますよね。ヲタクを楽しんでいる自分、一方で真人間として真っ当に歩いていかないといけないと分かっている自分。真人間として真っ当に歩んでいくことは放棄しているんですがw、そうやって二つの思いを持っている自分がいる訳で。
つまり!ヲタクを楽しんでいる自分が本体で、真人間として真っ当に歩いていくのがバイロケーションとして存在しているんじゃないか?!って考えることも可能なんですね。
映画館を出たとき、他のお客さんも「私にバイロケいるわw」と言っていたのを耳にしました。バイロケをみてそう思う方は多いようです。
グロとか怖いとかそう意味ではなく、ちょっと自分の人生の過ごし方について考えさせられて、胸に突き刺さりました。

NTRのせんがさんだって?!

せんが演じる御手洗は、バイロケーションに「彼女を寝取られた」と言います。バイロケーションって、自分がやりたかったことやガマンしてことに対して、自分が分離するってことは……御手洗は潜在的に彼女をNTRたかったの?!ってなりますよねw
そして最後に御手洗はバイロケーションと共存する道を選びます。ちょっと待って?!ってことは、御手洗二人で彼女をNTRあうの?!わけわかんない!!!!!でも萌える!!!!ってなりました。下衆でごめんなさい。

加賀美と飯塚について

あの二人は共犯?みたいな感じでしたが。なんで共犯だったのかきになりますね。という。


と、本題については考えられず、程度の低いことしか考えられなかったのでした……。