変わらないものなんてないんだね

はてなブログに変えました。一生新規の内乱出のaccess担によるブログ

SEQUENCE MEDITATIONシリーズがいろいろあって分からない!っていう方のためのまとめ

私のように最近ハマった新規ファンの方で、「SEQUENCE MEDITATIONシリーズ」(略してシーメデシリーズ)を読んでみたいけどいろいろあって何にどれが載っているか分からない!どれを買えばいいか分からない!という方はいらっしゃいませんか?そんな方のために、シーメデシリーズのどこの巻に何が載っているか、簡単にまとめてみました。



シーメデシリーズはコミック2巻、小説3巻が出ています。

シーメデシリーズはコミック2巻、小説3巻が出ています。
コミックと小説で、巻や章の名前が同じものがあるので分かりにくいかもしれません。
ですので、コミックのこの巻には、小説のこの巻にはこういう内容が載っている整理していくと分かりやすいかもしれません。シーメデシリーズの内容は主に
①タカと涼ちゃんがユニットで活動していく中でいろいろある話
②タカと涼ちゃんがユニットを組み始め、初めてライブをするまでの話
③涼ちゃんが高校生の時の話
④タカが大学生の時の話
⑤イクサスを好きなファンの女の子の話
の5つがあります。これがコミックや小説のどっちにも載っていたり(でも細かい内容は結構異なる)、片方にしか載っていなかったりするのです。それではどの内容がどの巻に載っているかを整理していきましょう。

SEQUENCE MEDITATION(コミック)

Sequence meditation (あすかコミックスCL-DX)

Sequence meditation (あすかコミックスCL-DX)

コミックのSEQUENCE MEDITATIONです。
第一楽章覚醒、第二楽章混乱、第三楽章解放となっていて、通しで①タカと涼ちゃんがユニットで活動していく中でいろいろある話
が載っています。

プロトニクス (あすかコミックスCL-DX) [コミック]

プロトニクス (あすかコミックスCL-DX)

プロトニクス (あすかコミックスCL-DX)

コミックのプロトニクスです。
表紙はこんな感じです。

Candenza前編・後編に③涼ちゃんが高校生の時の話
protonics前編・後編に②タカと涼ちゃんがユニットを組み始め、初めてライブをするまでの話
が載っています。

シークエンスメディテイション (ASUKAノベルス―EXAS STORY)

シークエンスメディテイション (ASUKAノベルス―EXAS STORY)

シークエンスメディテイション (ASUKAノベルス―EXAS STORY)

小説のSEQUENCE MEDITATIONです。
表紙はこんな感じです。

第一楽章、第二楽章、第三楽章となっていて、通しで①タカと涼ちゃんがユニットで活動していく中でいろいろある話
となっています。

プロトニクス〈1〉EXAS STORY〈VOL.2〉 (ASUKAノベルス)

プロトニクス〈1〉EXAS STORY〈VOL.2〉 (ASUKAノベルス)

プロトニクス〈1〉EXAS STORY〈VOL.2〉 (ASUKAノベルス)

小説のプロトニクスその1です。
表紙はこんな感じです。

Candenzaに③涼ちゃんが高校生の時の話
protonics.に④タカが大学生の時の話
が載っています。

プロトニクス〈2〉EXAS STORY VOL.3 (ASUKAノベルス)

プロトニクス〈2〉EXAS STORY VOL.3 (ASUKAノベルス)

プロトニクス〈2〉EXAS STORY VOL.3 (ASUKAノベルス)

小説のプロトニクスその2です。
protonics2.に②タカと涼ちゃんがユニットを組み始め、初めてライブをするまでの話
with…に⑤イクサスを好きなファンの女の子の話
が載っています。



それぞれの巻の内容をもう少し詳しく知りたい方は、以前のaccess関連で集めたものをまとめてみた 〜access書籍編〜 - 変わらないものなんてないんだねをご参照ください。
こんな記事を書いておいていえることではありませんが、本人たちをモデルとしてシーメデシリーズまで作る必要はあったのか、これをやったことでご本人たちにどういう影響があったのかなど、シーメデシリーズの是非についてはいろんな議論があると思います。一つの読み物として独立して(面白いと感じる方は)面白いと思いますが、それでもやっぱりいろんな事情があると思います。ですが新規ファンで気になるけど分からないという方が結構いるなと思ったのでまとめてみました。踏み込んでいけない領域に踏み込んでいたら申し訳ございません。
ちょっと怖いなと思う方はムリをしない方がいいですが、勇気があって興味のある方にはご参考になればなと思います。